懐かしの音楽を楽しむ

 きっかけは一昨年末、バリ島にあるテディの家での出来事でした。夜、友人3人と食事をとっているとき、聞き慣れた音楽が流れてきます。五輪真弓の『少女』でした。バリ島にいるのに、妙にノスタルジックな気分になり、学生の頃の音楽も良いなあと思いました。
 昨日、パソコンで作業をしているとき、何か音楽を流そうと思って探してみると、尾崎亜美のベストCDが見つかりました。尾崎亜美は学生の頃、最も好んで聴いていたミュージシャンでした。さっそくCDをパソコンに入れてみると、最初に流れたのは『21世紀のシンデラレ』、当時お気に入りだった『伝説の少女』なども入っていました。時代が変わっても、自分の好み(特に音楽)は変わらないものだと実感しました。今度、古いレンタルCDでも探しに行こうと思っています。
c0020413_23343623.jpg

[PR]
by satoyama5 | 2008-01-12 23:41
<< ケアシノスリ・フィーバー スローライフの日々 >>