長く続けるということ

大阪の宮国さんから『みやくに通信』合本16が届きました。
木曜社が発行している「TSU-I-SO」のアマチュア版といった感じで、いつも楽しく読んでいます。
もうすこしで200号にも手が届きそうで、これだけ長く続けるのは大変だなと思います。
『里山を歩こう』もタウン誌版ではあしかけ9年目、メールマガジン版も毎週発行で392号まで配信しています。こうして長く続けられたことは、多くの方の支えがあればこそです。いつまで続けることができるかわかりませんが、肩の力を抜いて、マイペースでやっていきます。
これからも付き合ってやろうと思っている方、引き続きよろしくお願いします。
c0020413_22455686.jpg

[PR]
by satoyama5 | 2007-11-07 22:26
<< 今週は寝不足気味です バリ島のチケット >>