自動ビデオ撮影の苦労

年末から赤外線センサーによる自動ビデオ撮影をしていますが、
照明のセットに苦労しています。
市販のセンサー照明は、再度感知しないと10秒で切れてしまいます。
人間に場合はエリア内にいれば引き続き感知するようですが、
小型の野生動物の場合は一度検知したものの、継続して検知し続けるのが難しいようです。
そのため照明は10秒で切れてしまい、
ビデオに映っているものは真っ黒い闇だけというケースがほとんどです。
今後は、点灯時間の長いセンサー照明を導入する予定ですが、
点灯時間の長いもので電池仕様がほとんどないことも悩みの種です。
いずれにしても、試行錯誤しながら、自動ビデオ撮影を続けていきます。
c0020413_115034.jpg

[PR]
by satoyama5 | 2011-01-09 11:46
<< 一瞬の出会い 今年の最後も森で >>