瀬戸内・海辺の生きもの(3) マボヤ

岩などに付着するホヤ貝の仲間で、食用ボヤとしても有名です。
最初に見たときは白いので「シロボヤ」かと思っていましたが、瀬戸内海には赤ではなく白のマボヤもいることを知り、画像のホヤはマボヤと分かりました。
外皮と腸を取り去り、中の筋肉を生食します。
「香りと歯ごたえを楽しむ珍味」だそうですが、どうも僕にとっては苦手な味かも知れません。
c0020413_6133191.jpg

[PR]
by satoyama5 | 2009-01-08 06:14
<< ノネコ・コレクション 人に慣れる >>