広島県の蝶(19) ウラジャノメ

北海道から信州までの連続した分布域から飛び離れて、西中国山地の一部のみに生息する貴重種です。主に戸河内・吉和が分布圏で、中津谷や三段峡などの渓谷に分布するグループと、恐羅漢山や冠山などの山頂部に分布するグループに分けられます。環境はほとんど変わっていないのですが、山頂に分布するグループは近年生息が確認できず、絶滅した可能性が高いと思われます。
c0020413_2044126.jpg
c0020413_2045610.jpg

[PR]
by satoyama5 | 2008-12-16 20:05
<< 広島県の蝶(20) ウラナミア... 広島県の蝶(18) ウラゴマダ... >>