広島県の蝶(18) ウラゴマダラシジミ

県下全域に広く分布しますが、低山地を好むため、中国山地では比較的稀です。
中学生の時、蝶屋だった理科の先生が、授業中に呉市灰ヶ峰のウラゴマダラシジミの話をして、具体的なポイントを黒板に書きました。普段はあまりノートをとらないのですが、そのときは急いでノートに書き留めました(先生はすぐに黒板から消すため)。今でも灰ヶ峰のその場所に行くと、先生が話していたことを思い出します。画像のウラゴマダラシジミは、先生のポイント付近で撮影したものです。
c0020413_73131.jpg

[PR]
by satoyama5 | 2008-12-15 07:03
<< 広島県の蝶(19) ウラジャノメ まだいた! >>