広島県の蝶(14) ウスバシロチョウ

中国山地を中心に分布する異形アゲハチョウです。関東方面では分布拡大が報告されていますが、世羅台地や賀茂台地・備後地方などの県中部までは分布を拡大していません。
中学生の時、父親に無理を頼んで吉和村冠高原まで蝶採集に連れて行ってもらいました。広島駅まで電車で行き、広島のバスセンターからバスで吉和村まで行きました。4時間以上かかったと思いますが、まるで冒険のようでした。冠高原には目指していたウスバシロチョウはいなくて、松の木峠から山口県側に下ったあたりでやっと2頭見つけました。憧れ続けていたウシバシロチョウを見つけた感動は,忘れることができません。この感動が、今でもカメラを持ってフィールドに出かける原動力の一つになっているのかもしれません。
c0020413_6584748.jpg

c0020413_65912100.jpg

[PR]
by satoyama5 | 2008-12-08 06:59
<< 広島県の蝶(15) ウラギンシジミ 今シーズンは >>