快晴の休日

12月半ばの観察会で使用する越冬中の昆虫写真を撮影するため、近くの谷間に出かけました。天気は快晴、歩いていると汗ばむほどです。
ざっと森の様子を見ただけですが、今年はオオムラサキの越冬幼虫が多そう、たぶん秋に台風が来なかったからかもしれません。秋に台風が来ないと、森の木の実が豊作で野鳥の餌が豊富なため、必然的に野鳥に捕食されるオオムラサキ幼虫が少ないはずです。また台風で吹き飛ばされる幼虫の被害がなかったことも、多少は影響しているかもしれません。
一方、もう一つの目的だったフユイチゴは不作で、ほとんど実っていませんでした。ジャム作りはあきらめて、数個味見をして帰りました。
木々の紅葉はすすみ、今週あたりが最も美しい色合いだと思います。
c0020413_21947.jpg

[PR]
by satoyama5 | 2008-11-30 21:09
<< 広島県の蝶(7) アサマイチモンジ ヤマセミの求愛? >>