広島県の蝶(2) アオスジアゲハ

広島では沿岸部、特に市街地を中心に生息しているのは、食樹が街路樹や公園などによく植栽されるクスノキが影響していると思います。時に中国山地でも見られますが、稀です。
このグループは南方系で、最も北にまで分布を広げているのがアオスジアゲハです。日本でも都市部を中心に東北まで分布を広げています。
非常に速く飛び、花に訪れる時間も短いので、普通種でありながらなかなか撮影チャンスの少ない蝶かもしれません。
c0020413_5593044.jpg
c0020413_5594367.jpg

[PR]
by satoyama5 | 2008-11-27 06:00
<< 広島県の蝶(3) アオバセセリ 広島の蝶(1) アイノミドリシジミ >>