広島の蝶(1) アイノミドリシジミ

蝶の画像整理が終わったので、広島県の蝶をアイウエオ順に画像付きで紹介していこうと思います。興味のある方は、ときどきチェックしてください。

まずはアイノミドリシジミです。成虫は年1回、7月頃に見ることができます。ほぼ中国山地に限って分布していますが、これは幼虫の食べる植物がミズナラの大木であることが影響しているのでしょう。早朝、なわばりを張る雄は大変美しく、美麗種揃いのミドリシジミ類の中でも屈指の美麗種です。
c0020413_19204959.jpg

なわばりを張る雄(右はジョウザンミドリシジミ)
[PR]
by satoyama5 | 2008-11-26 19:22
<< 広島県の蝶(2) アオスジアゲハ 裏山の紅葉 >>